FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

それぞれの1週間 

2020/06/05
Fri. 23:52

本堂や庫裏で仏花に使っているシキビが次々と落葉をはじめて花器の水を吸い上げた透明感のある美しいライトグリーンの若芽がしだいに大きくなり始めた。
昔、まだ絵を描いている頃は、このライトグリーンの透明感を表現することが難しくて随分苦労したものだ。花器の水を替えながらボンヤリとそんなことを思い出していた。
もうすぐ季節は梅雨を迎える。
半年の間、仏様やご先祖様の御慈悲を目に見えるかたちに置き換えて世俗の欲に浸りきった在家坊主を見守っていただいたことへの感謝を込めて、梅雨の雨をタップリ吸い込んだ境内の土へ下ろして挿し木にさせてもらおうと考えている。彼らのどれだけが根付いて仏花に成長してくれるかわからないが、随分と丈夫な木だから何本かは根を出して生き延びてくれるだろう。
今度の大般若経転読会は、世間ではコロナ自粛が続いてまだ従来の日常生活を取り戻すことが出来ていない中で法要を厳修することになってしまった。いつもと同じような法要にはならないだろうと思っていて、なにか記憶に残る大般若経転読会になれば良いと考えて、以前から捨てないで貯めていた落葉のシキビをシッカリ乾燥させて砕いてポプリに替えてみることにした。うまくいくかどうかわからないが、その砕いたシキビの葉に添えて携行できるほどの小さな大般若守護札を造って祈念してお参りの皆さんへお持ち帰り頂けると良い。これから1周間はそのための祈念と作務が続きそうだ。

今年の万善寺環境整備作務はかなり苦戦している。
自業自得と云ってしまえばソレまでだが、昨年の春先から5週間の手術入院とその後の自主療養とで、春の境内整備がまるまる手付かずのまま終わったことが原因だ。
一度でも人の手が入った植物は、手入れをサボると一気にだらしなくはびこったり病気が入ったりで収集つかなくなる。特に、各種庭木の剪定と土の下で繁茂して広がる蔦や笹や竹などの根茎が厄介だ。
銀座の彫刻グループ展を無事に閉会してひと晩かけて島根に帰ってきた。春彼岸の法要を済ませてその日の夕方寺を出発してからほぼ1週間ぶりの万善寺になった。
用水路脇の斜面では天狗巣病から蘇った桜が満開だった。まだ病気は完全に根絶できていないが、それでも数年かけてここまで回復してくれれば良いほうだと思う。
昨年の吉田正純鉄の彫刻展で造ったLandscape traceシリーズの彫刻の鉄サビが半年の間に少しほど落ち着いてくれた。これから赤サビへ変わらないように気をつけながら養生していけば年々バーントアンバーが深まって良いサビに変わってくれるだろう。こうして、彫刻のサビが概ね安定するまではできるだけ自分の生活圏の近くに置いて様子を見ながら何かあればすぐに養生できるようにしておく。おおよそ安定して責任が持てるようになってから最終の設置場所へ移動する。この箱型彫刻は自分の歴代彫刻群の中で、どちらかといえば好きな方の彫刻である。自分ではいつまで観ていても飽きない。手放すことができそうにないようにも思っている。彫刻ばかりか平面立体問わず3日も観れば飽きてきて、1週間もすれば観るのも嫌になるような、作品とも言えないようなモノをどれだけ乱作してきたことか・・・身体もしだいに重くなってきたし、集中の持続も前のように長くは続かなくなってきたし、これからは制作の基本をおさえてジックリと丁寧に造形の緊張を大事にしていこうと思う。

IMG_0898.jpeg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/3384-a1e5bc92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08