FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

忘れていた感覚 

2011/06/12
Sun. 04:31

このあいだ、久々に大森小学校へ行ってきました。

毎朝のように子供達の登校風景は見ているのですが、やっぱり小学校で先生たちと仲良く楽しそうに勉強している子供達を見ると、何故かしら自然と笑顔になっている自分に気がついたりしてしまいます。
小学校はそんなに不思議な力をもっている空間になっているのでしょうか?

教頭先生は、私の長女が1年生に入学した時の担任だった先生で、親子共々とても親しくお付き合いさせていただいています。
その先生から連絡が入って、子供達の描いた絵の相談にのってくれとのこと。
工事現場の防護シートに絵を描いてくれと工務店から頼まれたのだそうです。

全校でたった17人だけの大森小学校ですが、子供達は石見銀山の歴史や風景を題材に、一人が何枚も何枚も面白い力作をいっぱい描いていました。
子供の創造力というのはすごいなぁと久々に感動して、そのようなワクワク感はまったく忘れ去っていたことだったので、教頭先生相手にとても久々の美術論を熱弁してしまいました。
こんな面白い発想と自由な表現の力は、どうして大人になってしまうと消えてなくなってしまうのだろうかと、そんなことを思ったりもしたところです。

大森小学校の子供達が描いた畳7~8枚分の壁画は、新築される大森駐在所の工事現場に設置されるそうです。
さて、どんな壁画が完成するのか、今から楽しみです。

IMG_2822.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/527-7f576824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08