FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

じゅん君の絵 

2011/07/13
Wed. 04:01

吉田の熱い1日が終りました!
・・・といっても世間の気温はさほどでもなかったような気がしますが・・・

現代彫刻小品展の搬入展示作業最終日を迎え、キーポンを学校まで送ったついでに、そのまま彫刻の移動作業へとりかかり、前日搬入の展示台位置決めをザックリと行い、印刷の終った目録を受けとり、ついでに同じビルの飲み友達の写真屋さんの娘さんが飼っている東京から里帰り中のひとみしり犬「トラ」としばらくじゃれ合っていたら、お昼近くになっていたのに気がついて、あせってポンコツ君をすっ飛ばしているとネコちゃんがネズミちゃんを待ちかまえていて、それなりに暑い世間で若干冷や汗をかきましたが、適度なポンコツスピードに助けられ、無事通過。
そうこうしながら事務所兼彫刻保管所の最後の彫刻たちを移動していたら、ゴソゴソとじゅん君が起きだしてきて、やっとおとうさんの仕事を手伝ってくれる時間となりました!・・・と思ったらすでにお昼を過ぎていて、腹がへっていたことを思いだし、二人でラーメン定食をフウフウいいながらかき込んで、それからが絶妙の手分け仕事でラストスパートの一汗かいているうちに、助っ人ノリちゃんが加わって、段取り最終確認のミーティングをしていたら彫刻展出品作家のワイフが細断したキャプションと食料を差し入れしてくれて、最後のひとやまを乗りきってひとまず解散となりました。

思ったより早く展示作業が終ったので、じゅん君を誘って一汗流しに温泉へ行ってきました。
道中に見せてくれたのが、何故か枇杷のスケッチ。
確か、じゅん君は中学校からず~っとクラリネットを吹いていたはずなのに、なんで今さら絵を描き始めたのかと思ったら、ヒキコモリ君の家庭教師をしていて一緒に描いたのだとか。
そのヒキコモリ君は、とても頭が良くて、家庭教師のじゅん君もタジタジのようです。が、何故かじゅん君は気に入られたようでキャンセルもなく、このところコンスタントに毎週通い続けています。

一つ屋根の下で暮らしているのにほとんど会話のないじゅん君ですが、お互い良くも悪くも性格が分っていて微妙なバランスの親子付き合いを続けています。

何れにしても、じゅん君の一仕事でとても助かった1日とチョットでした。

IMG_3285.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/559-0ef116f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05