FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

草木たちのゆりかご 

2011/09/01
Thu. 02:05

まだまだ暑い日が続いているうえに、巨大な台風が途中から西北の方に進路を変えたようで、なかなか予測出来ない天候が続いている今日この頃です。

数ヶ月前に納品した彫刻プランターのその後を確認しに、定期訪問してきました。
何時ものように共稼ぎのお二人はお留守ですが、ご近所さんは時々出没する吉田のことをしだいに覚えて頂き始めているようで、玄関先でうろうろしてもとがめられることもなく、代わりに軽く会釈まで返して頂いたりして、なんとなく幸せな気持ちになったりしました。
たぶん、吉田と彫刻プランターのいきさつなど、施主さんのご近所さんへのさりげない広報活動が実を結んでいることだろうと勝手に想像したりしています。

今年も昨年同様暑い夏だったので、素材の鉄板の蓄熱で植栽の植物たちが干上がったりしていないか心配しましたが、元気に育っていてひと安心。
全体のバランスがまだまだ彫刻の形状に偏っていて、植栽の勢いを感じるまでにはもう少し時間が必要なようですが、とはいえ、奥さんの細やかな管理の具合がいい感じで伝わってきて、彫刻の仕事を続けていてよかったと実感出来ました。

このような「使える彫刻」と密かに読んでいる一連の彫刻群もまめに造ったりしているのですが、そのほとんどは公的美術館での展示を拒否されてしまいます。
その訳は・・虫やカビなどの微小生物の館内侵入を食い止めるためという理由があるからです。
文化啓蒙の最前線であると思われる美術館が、一方で表現の領域を規制したりする矛盾があったりします。

「草木たちのゆりかご」と題した生もの彫刻の制作をやめないのも、吉田のささやかなレジスタンス活動だったりする訳です。

IMG_0303.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/611-f3f5f3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08