FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

気になる 

2011/09/29
Thu. 06:05

最近、彫刻の展覧会や、三原谷のイベントの関係で西日本をアチコチ移動することが増えています。

このあいだも、山口と福岡で制作を続けている彫刻家の作品を受けとりにグルッとひと回りしてきました。
友人のSさんが都合をつけてくれたので、往復12時間の旅は結構気が紛れてアッという間に感じました。
彫刻の積み込みや移動の道中もとても順調で、大きな障害もなく帰着することが出来ました。

一見、何の問題もない気楽な旅のように感じるかも知れませんが、こうして遠方の移動をくり返していると、どうも釈然としない暮らしの矛盾に敏感になったりします。

結局は吉田個人の問題で、世間事情では何の問題も無いのかも知れませんが・・・

矛盾その1・・燃料の価格差
吉田家や万善寺あたりでは、島根県の中でもおおむね1ℓ5円から10円近く高い燃料代で暮らしています。
今回、出先で給油してみると、更にその島根県価格より8円近く安くなっています。
田舎の過疎の僻地に暮らす人々は、あまり遠くへ出歩くなと言われているような感じです。
行動半径の狭い方々は、それでもいろいろ始末して上手に暮らしていらっしゃるでしょうが、私のように用事の時間より移動の時間が長くかかるような暮らしをしていると、動けば動くほど出費が増えて厳しいものがあります。
燃料の価格差など知らなければそれなりに気楽に暮らせますが、やはり20円近くの差があることを知ってしまうと、なにか虚しくなってしまいます。

矛盾その2・・夜のトンネル
もう何年も前になりますが、石見銀山が世界遺産登録間違いないだろうという頃から、一気に公共工事が増えて、2つのバイパスに2つのトンネルが次々に完成しました。
その中の1つのトンネルが当分の間とてもオカシイことになっていました。
夜になると光々と明るくライトの点灯が増えて、昼になると一気に消灯されて先が見えないほど暗くなるのです。
それってオカシイと思いませんか?
その後、しばらくして他のトンネルと同じような点灯状況になりましたが、何を考えてプログラム設定しているのでしょうか。

このところたてつづけに夜の高速道を走っていますが、やはりそれでも夜のトンネルは明るすぎると思います。
世間の夜は暗いのが普通です。
電気代の無駄に思えてしょうがありません。

IMG_0669.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/639-bb5b9228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05