FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

蜜の香り 

2011/10/13
Thu. 07:51

薪ストーブの焚付けを造ってくれとの依頼があって、このあいだからセッセとナラの枯れ木を切り出して、大割、中割り、小割りと割り木にしている所です。

この作業をしていると、どこからともなくヨレヨレの弱った幾種類かの蜂がよってきて、私の回りを弱々しく飛び回ったり割り木の皮にしがみついたりしています。

あれだけ嫌われている赤蜂も熊蜂も、ナラの蜜の香りに吸い寄せられて1年の最後の気力を振り絞っている姿を見ると、なにやら愛おしくもなったりして、バチッと叩き潰す気が起きません。

かく言う私も、どことなく何とも形容のしがたい独特の甘香ばしいい蜜の匂いに気持ちがグラついて、輪切りにした丸太に抱きついて吸い付きそうになってしまいます。

これから風雨にさらされて乾燥が進むまで、当分の間蜜の香りを楽しみながら彫刻の制作が出来そうです。

IMG_0875.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/654-ef318e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05