FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

チキン犬 

2011/12/15
Thu. 08:52

このところ続いている七日つとめの曜日に合わせて、老師夫婦を近所の診療所までつれていきました。

診療日当日になって朝から着替えなどでウキウキしている寺のおかみさんを見ると、毎月の診療予約のやりとりで次の1ヶ月の生きる目標が決まって安心出来るのだろうと思ったりもして、地域の医療サービスのありがたさを痛感します。

年末になって診療所の通院にお伴しようと決めたのは、介護申請の手続きの相談というより下話をしようと思ったからです。
老化の進行は人それぞれでしょうが、老師夫婦もだんだんそのような話しをしなければならなくなった年齢に達しているということなのかも知れません。
当事者はもちろんのことですが、周囲の人間もなかなか簡単に割り切れないむずかしい心理状況で、なんとなくその日1日をゆらゆらと揺れながら過ごしてしまったような気がします。

一方、石見銀山の吉田家もそのような介護の手間がかかる年寄が何度も生死の境を経験しながらもひとまず健在で、こちらのほうは、我慢出来ないシッコとウンコの始末で朝晩面倒な思いをしています。
ひと頃は、自分の不始末をすまなそうに耳や尻尾を下げて反省の様子を見せたりしていましたが、最近は堂々としたもので、ワイフや私がセッセと水を流したり雑巾掛けをしたり掃き掃除をしたりしていても、知らんフリで眠りこけたりしています。

つまり、あの老犬が三途の川を渡ることが怖くてビビって大騒ぎをしてこの世に戻ってくる訳です。
犬なのにチキンなのです。

この調子だとクリスマスにサンタさんがシェパ爺好物の犬缶を届けてくれるかも知れません。

IMG_1968.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/717-eaa37172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08