FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

師走の海 

2011/12/28
Wed. 08:16

今年も残すところ後わずか。

そんなある日、老師のお付き合いで通院の帰り、私の可愛い可愛いポンコツ君を当て逃げされてしまいました。
すれ違いのやっとな細くて、その上その日は雪が積もって、轍が3本の道で回避の停車をしていたら、ものすごい勢いで走ってきた軽自動車がすれ違いざまミラーをぶつけて走り去ったのです。

後続の車もあったりして追跡も出来ない泣くに泣けない状態で、ミラーがぶら下がったまま老師を送り届けてから修理に知恵を使った末、結局いつもの工場へ直行するのが早いだろうと決めて、アレコレ分解してチェックしてもらうも、アチコチのプラスチックパーツが割れていてどうしようもないということになって、それじゃあ「もう一度自分で直してみるから」と工場に移動してリューターで削ってみたりドリルで穴をあけたりして応急の修理をした後、接着剤の硬化を待つ間、年末の大掃除などをして気がつくと既に夕方・・・とても虚しい1日が終ろうとしています。

先の見えない寺の将来に、吉田家の家族を引っ張り出さないようにアレコレ工夫しながら仏事を切り盛りして1年が終ろうとしている今、どう考えてもこの無駄になってしまった1日が今後のスケジュールに影響することは避けられない状態。
とろけた脳味噌で今後数日のスケジュールを絞り出すために、ひとまず日本海を見ながら気持ちを落ち着けることにしました。
これからしばらくは山に隠る事になるので、2011年の見納めともなるだろうと、そんなことも思いながら、冬にしては比較的風も穏やかな波の動きを見ていると、年末用事のスケジュール整理をすることなど何処かに飛んでしまって、脳味噌休息。

いずれにしても、「なるようになるしかならない」ということは解ったような気がします。

IMG_2256.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/730-87b995d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06