FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

チョット贅沢 

2012/02/27
Mon. 09:04

長期間ドック入りをしていたポンコツ君が帰ってきて、活動が本格的になってきました。

万善寺は、まだまだ庭先に雪がタップリ残っていて、ポンコツ君の4WDがないと切り返しも出来ません。
彫刻小品展の方は、おおよそ後援も頂き、印刷原稿の加筆修正や各社訪問も大詰めです。

石見銀山の自宅を起点に、万善寺が40分、彫刻展会場が1時間、万善寺から会場までが1時間半。
車検が終わったとはいえ、不調が続くヨレヨレのポンコツ君をいたわって約2ヶ月を乗り切らなければいけません。

そういうこともあって、これから何時でも何処でも車中泊が出来るように、シュラフを奮発しました。
以前から、遠出をする時は日常生活の必需品の一つでシュラフを一緒に積み込んでいましたが、そのうち、子供たちの引っ越しの度に一つずつ消えていって、今では残すところ2つだけになっていました。

ひと頃は、春になってチョット暖かくなると、秋が寒く感じるまで、小学生や幼稚園の子供を連れて近場のあちこちへキャンプにでかけていたものです。
それも、もうずいぶんと昔のことになってしました。

子供も大きくなってキャンプの機会もなくなってくると、いつの間にか日常の寝具と一緒に重宝に使うようになって、電気こたつの掛け布団になったり、家族で川の字の敷き布団になったり、そして、お出かけ車中泊のお供になったりと、なかなか便利に使っています。
大きくなった子供たちも、実体験でそのことを知っていて、友達が急に泊まりに来たり、年に何回かお父さん(つまり私)が宿泊所代わりに使ったりするとき用に小さく丸めて保管していて、こちらも便利に使っています。

そんなシュラフも、昔に比べたらずいぶん安くなったと思います。
新調の価格はチョット美味い純米酒1本分とほぼ同じ・・・ですから、これからしばらく日本酒は買えません。
新酒が美味しいのはこの時期だけのことなのに・・・これも展覧会を成功させるための決断です。

IMG_3011.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/792-587edd34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08