FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

赤名高原雪景色 

2012/03/12
Mon. 08:26

3月に入って久々の年回法要があって、早朝から石見銀山を出発したところです。

旧暦で云うと2月の19日にあたっていて、島根県の県境近くの中国山地では、まだまだ雪深い日常の暮らしが続いている頃でもあります。
石見銀山の自宅を出た時はいつもと変わらない3月の朝でしたが、3分も走らないうちにシャーベット状の雪が路面を覆っていて、それから檀家さんのご自宅へ直行する間にどんどん雪かさが増し、4WDへシフトチェンジしてひたすら走り続けるも、ノロノロ走行の山越え県外ナンバーや、立ち往生の乗用車などの障害にあってなかなかたどり着けない状態でした。

気楽に改良衣と雪駄履きの軽装で自宅を出てしまっていたので、長靴などの雪支度も全く出来ていなくて、法要後の墓参つとめは割愛省略とさせてもらいました。
塔婆開眼のおつとめをしたあと、雪が溶けるまでのしばらくは床の間に安座となります。

今年は、旧暦の初午祭が2月の内に巡っていたりして何かあるかもしれないと思っていましたが、震災から1周忌をむかえる3月11日の島根県山間部赤名高原辺りはまさかの季節外れの積雪となりました。

IMG_3114.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/806-4ba2c836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-06