FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

老師の彼岸 

2012/03/21
Wed. 07:46

万善寺彼岸中日は、時折雪の舞う寒い朝となりました。

近年は、お檀家さんも高齢の影響か事付け参りが多くなって、法要のおつとめに参列の方々がずいぶんと少なくなりました。
世代交代もなかなか上手くいっていないようで、「信心」の難しさを感じます。
立場上、私が法要を仕切ることになるので、老師の出番がどんどん減ってきます。
末寺の細やかな日常の暮らしぶりも、世代交代の不具合の調整が難しくて内を見たり外を見たりなかなか気が安まりません。

老師はお参りの少ない法要が終了すると、改良衣を着たままうつろな瞳でしばし放心状態。
本堂の後片付けを済ませて庫裡へ引き上げたら、ベッドの中へ潜り込んでいました。

仕方のないことですが見過ごす事も出来ないので、余所行きの小奇麗な服を着るように促して、ワイフと3人で近所の例の薬膳料理のお店へお茶を飲みに出かけました。
老師はワッフルセットのコーヒーに砂糖とミルクをタップリ入れて、「美味い美味い」とシロップのかかったワッフルをぱくついて、みるみる元気を取り戻しました。

ちなみに・・・
昨年のお参り参列は九人様。
今年のお参り参列は十人様。

アットホームな雰囲気の中、粗品の文鎮のお話しに併せて「啐啄同時」の好機を逃さない家族家庭の日常一体の暮らしを話題にさせてもらいました。

IMG_3245.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/815-d824be59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-05