FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

浜田の夜 

2012/04/09
Mon. 07:23

現代彫刻小品展浜田会場は、満開の桜に祝福されながらスタート・・・と、好調な滑り出しをイメージしていたのですが、直前までのドタバタで着の身着のまま美術館の開館へ滑り込んだ吉田は、シャツやパンツや着替えなど、何にも持たないことに気がついたが時既に遅し。

3枚の薄着で過ごす花曇りの浜田の1日は、なかなかの試練でした。

初日の入場者数85人。
二日目が100人チョット。
その数字が妥当なのかどうかは浜田に疎い私で判断できないまま、ひとまず展覧会のスタートと、ワークショップの成功を祝して飲み会に突入。

出品の彫刻家もはるばる九州や四国の方から駆けつけて頂き、大感激。
地元浜田の出品者の強力な協力に大感動。
はるばる埼玉から駆けつけて頂いたワークショップ講師兼彫刻家兼出品者兼飲み友達の本多さんに会えて大感涙。
至れり尽くせりの美術館学芸員のお姉さんと館長さんも出席してもらえて、吉田としては大満足。
昼も寒かったけど、夜はもっと冷え込んでいるはずなのに、吉田は身も心もホットホット。
久々に深酒をしてしまいました。

自分で云うのもなんですが、なかなか良い展覧会になっているのではないかと思います。
どうか万障繰り合わせてご来場下さい。

IMG_3757.jpg
 

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

写真の面々も楽しそうですが、きっと撮ってる鉄人が一番ニコニコしてたようですね。

オーイくぼぐっちゃん #- | URL | 2012/04/10 22:32 * edit *

良か!

パンツならもう一枚持ってたから貸してあげれば良かったですね、花柄の。

浜田の子ども美術館はすばらしい!彫刻をよりすてきに見せてくれる空間でした。たくさんの作品が日本海と桜を借景に浮遊するような感じがしました。
受付のおじさん夫婦や島根のみなさんのおかげです。作品を通じて出会いもあり、感謝します。わたしが出来たのはただ酔っぱらうことばかりで…。
たくさんのひとが来て、彫刻を見たりさわったりして楽しんでほしいものです。そして作る喜びを想像していただきたいです。

のどぐろ #- | URL | 2012/04/09 22:51 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/834-6f46beba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11