FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

春の花 

2012/04/21
Sat. 03:25

石見銀山の自宅からだと、浜田の彫刻展会場はキーポンの通い始めた高校とは逆の方向になるし、時間の都合が付くときはワイフが気を利かせてキーポンの送り迎えを変わってくれていたので、私がキーポンを学校まで送ったのは久々のような気がします。

キーポンがポンコツ君に乗るときは、助手席に座ります。
周辺事情ではだいたいが子供の方から後部座席に乗り込むことが普通のようで、地域限定の決まり事になっているのかもしれませんが、ポンコツ君に限ってはそれが通用しません。
要するに軽トラで子供を送り迎えしているようなものだと思ってください。
ポンコツ君の後部座席は常時荷物置き場になっているからです。

そこで、この状況が父娘のさりげないコミュニケーションの場になるわけです。

気がつくと水仙が咲いて散り、石見銀山の桜も散っていて、銀山川の菜の花も盛りを過ぎ、紅葉の若芽が赤く芽吹き・・・
「あれって何の花だっけ?」
「木蓮でしょう・・」
「そうかぁ、もう散ったなぁ」
白木蓮の根元に落花して茶色く変色した花が踏みつぶされています。
「遅れるから前の軽追い越してよ」
「アホか!お前が遅れててよく云うワ。追い越してもバスがその前走ってるだろ」
「バス途中で曲がるでしょ」
「確かに・・」
「早くしないと白線終わるでしょ」
「だから、お前がもうちょっと早く起きれば良いんだよ」
「いいからいそで!」
「・・・・」

寝起きの悪い娘と15分間付き合って、その分遠回りをして浜田へ向かうと、国道沿いの斜面にピンクがかった赤紫のヤマツツジがチラチラ見え隠れしています。
そういえば、今年は裏庭の山吹もスモモも桃や茱萸の花も見逃したなぁ・・
雪柳はまだ咲いているのかなぁ・・

たった2週間足らずの展覧会期間中に、いつの間にか季節は春から初夏。
それほど忙しい訳でもないのに、なにか慌ただしく毎日が過ぎています。

今回のワイフ・・つまり吉田満寿美の彫刻は、「Birth」2012年最新作です。

IMG_4035.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/846-ffc825fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11