FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

吉田家のかぜ 

2012/04/29
Sun. 04:56

不摂生が常習化した感のあるじゅんくんが、かぜをひいてしまうのは当然のことなのですが、いけないのはそれが家族に感染してしまうこと。

ワイフは花粉症を持っているので、それでなくてもしょっちゅう鼻をズリズリやっていて、普通に毎日を暮らしていると花粉症なのかかぜなのかなかなか判別が難しかったりしますが、今回は何時ものズリズリにコツコツが加わっているので、明らかにじゅんくんの咳をもらってかぜをひいてしまったことが分かります。

ワイフがかぜをもらった数日前には、キーポンが鼻水をたらしてティッシュを鼻に突っ込んだままウロウロしていましたから、これもかぜが入った証拠。

そして私も、ついに感染してしまいました。
私が風邪をひくなど滅多にないことで、数年に1度あるかないか位のことですが、今回は咳がひどくてかなり辛い思いをしています。
ちょうど、連休に入って万善寺の年回法事が集中する頃と重なってしまったので、お経が読みにくくて苦労します。
木魚を叩きながらコツコツ。鐘を叩いてコツコツ。お経のブレスでコツコツ。回向の最中にもコツコツ・・・
咳をこらえながらお経を読んだりしているので、何ともおかしな節回しになってしまって無惨な年回法要の醜態。
施主さんも気を利かせて、おつとめの最中に横合いからお茶のお盆をスーッと差し出してくれたりします。

そんなわけで、吉田家の連休は蔓延した風邪に苦しみながらはじまりました。

さて一方、現代彫刻小品展の方は、これもコツコツ咳きしながらキーボードを叩いていると、指がアチコチ定まらなくてやたら時間の無駄使いをしつつ後援申請書したためたりしているところです。
何とか連休までに大田市の後援申請を受理してもらおうと、市役所担当窓口まで持っていった申請書が、書式不備ということで差し戻しになってしまいました。
今まで、何回か同じように申請手続きをしているのに、おかしな話しです。
結局、連休の狭間に再提出をすることになって、事務が停滞して、そのまま印刷物の原稿作成も遅れ始め、当初の予定が次第に狂いつつあります。

・・・・〜〜〜〜・・・・

竹田氏は、お互い子供が小さかった頃のキャンプ仲間で、あの頃は1年に数回は近場のアチコチで家族ぐるみのキャンプを楽しんでいました。
そのうち、子供たちも大きくなるし、当然親離れもはじまるし、大人の方もお互い世間の公私にわたる仕事が増えたりして、なかなか日程の調整が難しくなって、結局、何時の頃からかキャンプの習慣も無くなって今に至っています。
制作の方はスケジュールのやりくりで何とかしながら続けていて、私は彫刻、彼は絵画とそれぞれ自分のテーマを追いかけて地道に継続しています。

今回の展覧会には、竹田さんの方から出品したいと云ってくれました。
昔は、私も絵を描いて展覧会に出品したり、彼も彫刻を造ったりしていた時期もあるので、二人共あまりジャンルにこだわらないでやりたいことを楽しんでいたものですから、今回の彫刻展出品の話しをもらった時は、このところしばらく疎遠になっていた付き合いが久々に若干復活したように感じて、何かとても嬉しく思いました。

竹田 茂 2012年作 「Landscape 1」 素材:陶

久しぶりに彼らしい面白い立体を観させてもらいました。

IMG_3894.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/854-832e86c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-11