FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

黒い物体 

2012/05/16
Wed. 10:12

本日久々にワイフが在宅。
私もまたまた在宅。

朝からメール確認をしたり、ワークショップの事務処理をしたりしていたらまたまた午前のティータイムがやってきました。

昨年秋にお世話になった兵庫県の三原谷のお祭り仕掛人のオネエサンから電話が入って、今年のアート部門打ち合わせの話しが若干進みました。
・・といっても、事務的な打ち合わせのスタートといったところですが、今年はデザイナーの黒田征太郎さんがこのイベントに参加するかもしれないというとこで、彼のスケジュールに併せて打ち合わせの日程が決まったようです。
たまたま、その日はお手伝いの仏事と重なっていて、さてさて、これからどのように日程調整しようか悩みどころです。
せっかくお声をかけて頂いていることですし、何とか都合をつけて兵庫まで行けたら良いと思っています。

ところで、ほぼ1週間前になりますが先週の今日、我が家に乳離れするかしないか微妙なあたりの捨て猫(もしくは迷い猫)が長男のルートを伝ってやってきました。

あまりにも小さいので、この先うまく育つかどうか微妙だったりして、家族(特にワイフ)の相性もあるし、あまり手間がかかるようならこのまま置いておくわけにはいかないと思いつつしばらく静観していたところです。
猫用離乳食やトップバリューの猫缶などもそこそこ食いつきが良く、この1週間の間に吉田家のそこここでシッコやウンコも平気で堂々とするようになって、我々の行く先々へチョロチョロついてくるし、ゴロゴロ喉をならしてくつろぐことも増えて来ました。
ひとまずもうしばらくは様子を見ながら我が家へおいておくことにしようと思っているところです。

もう何年も前になりますが、次女のノッチがまだ小学生だった頃、乳離れ前後のウサギがやって来たことがあって、このときは、飼育のかいもなく可愛い盛りの小さな命を守ってやることが出来ませんでした。
そんなこともあるので、私としてはあまり早いうちから情をかけることをしないようにしているのです。

長男のじゅん君は、「おとうさんだったらなんとかするだろう」と、その猫を連れて帰って来た後、早々と100円ショップで猫じゃらしなど買って来たりしています。
末娘のキーポンは、今のところマメにシッコやウンコや食べ物の始末などもしていて、すでに吉田家のペット感覚でかいがいしくお世話したりしています。
猫嫌いを言い続けていたワイフは、当初飼うのはダメダ!ダメダ!と言い続けていたわりには、インターネットショッピングで猫用ゲージを注文したりして、1週間足らずで既に猫にメロメロです。仕事から帰宅すると、「癒されたいのぉ〜」と、私の周辺で眠りをむさぼっている猫を抱えて自分の定位置へ連れて行ってしまいます。

結局はこれからアレコレ仕付けをしなければいけなくて、手放しでかわいがっているわけにはいかないのですが、ひとまず、19年の長寿を全うして永眠したジジイ犬に変わって今度は猫が同居し始めることになりそうです。

ちなみに、今のところその猫は「ネコ」とか「ネコちゃん」とか呼ばれています。
「吾輩は猫である、性別はまだ不明・・」ってかんじです。

IMG_4520.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/871-d4ac0b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08