FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

青春の汗 

2012/05/31
Thu. 08:07

初七日の鐘つき坊主を終わって、そのまま現代彫刻小品展のチラシを配って歩きました。

何せ、改良衣で彫刻展の話をしながら歩くというのは、なかなかのミスマッチ。
結局、話題は永代供養になったり親鸞上人さま(宗派が違うんだけど・・)のお話になったり、弘法大師さま(これもチョット違うんだけど・・)のご縁日のお話しになったりと、何処まで広報活動が出来ているのか怪しいものです。

それでも、足が痛いとか腰が痛いとか、身体が動かないとか、そんな話を聞きながら、一人でお留守番のご老人のご機嫌を伺ったりしていると、私の訪問も少しは彼らの気晴らしになっているようで、それはそれで良かったのかなと思ったりします。

石見銀山の町内は、最悪でも夕食時に訪問できる距離なので、今は出来るだけ遠方のほうから巡回していて、明日は松江から安来の方まで足を伸ばしてみようと思っています。
浜田のこども美術館もお世話になったし、一度は顔を出しておかないといけないかな?

まぁ、そんな感じでポンコツ君を相棒に、ポッドキャストのインターネットラジオをiPodにいっぱい詰め込んで、ビニール傘の先端で穴を開けてしまったスピーカーコーンを無理やり鳴らしながら細長い島根県を東西南北長距離走行しています。

先日、現代彫刻小品展に彫刻を出品していただいている彫刻家の横山さんからDMが届きました。
それを見るとどうやら彼は金沢美大でバレーボール部に入部していたようです。
せっかくですので、松江に行ったついでに美術館の会場をのぞいてみようと思っています。

横山さんは私と同じ年ですから、東京暮らしの吉田が新宿辺りをプラプラして、新宿御苑でスケッチなどする振りをして昼寝している・・といった自堕落な毎日をおくっているちょうどその頃に、彼の方は彫刻にスポーツに青春の汗を流して健全な日々をおくっていたのだろうなぁ・・と想像したりして、やはり当時の生活の違いが、今の彫刻の出来に現れてしまっているなぁと反省しているところです。

横山 徹 2011年作 「天空の塔」

IMG_4151.jpg

名称未設定

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/886-aaf5366f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【青春の汗】

初七日の鐘つき坊主を終わって、そのまま現代彫刻小品展のチラシを配って歩きました。何せ、改良衣で彫刻展の話をしながら歩くというのは、なかなかのミスマッチ。結局、話題は永代...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/31 09:39

page top

2020-06