FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

梅雨明け 

2012/07/18
Wed. 09:48

島根県は梅雨明けになったようです。

朝からやけに暑いなぁと思いつつ、ワークショップで叩き続けた石をポンコツ君へ積み込んで、搬出運搬などして1日が過ぎました。

石見銀山から1時間半ほど山道を走破して、その石を送り届けてきました。
そこは、もう30年ほど前に島根県へワイフをつれてUターンして最初に4年間暮していた場所。
周辺の様子や、道の具合など、かなり違っていて、やはり30年の月日の流れを痛感したところです。

あの頃を思い出しながら、記憶を頼りにたどり着くと、新婚の私たちがネコのタマ君と暮して、長男のじゅん君が生まれて、育児をしていた家は既になくなって荒れ地になっていました。
かろうじて、その1段下の2軒続きの住宅だったところに土建屋さんのプレハブ現場事務所が建っていて昔の面影を残していました。
そこからの眺めは、なんとなく頭の隅に残っている記憶のカケラと照合することが出来ました。

秋になるとギンナンがたくさん落ちていた坂道もそのままでしたが、そのギンナンの木は思っていたより小振りで、記憶のズレを感じたりもしました。それは、今が夏で銀杏の葉が紅葉していないからかも知れません。

石を下ろしてから、しばらくそのあたりを散策したあと、斐伊川土手の道を選んで石見銀山まで帰ってきました。

空は、抜けるような青。
蝉もしだいにうるさくなってきました。

IMG_5099.jpg
夫婦ギンナン
IMG_5102.jpg
斐伊川土手

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/934-92238ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-08