FC2ブログ

工房むうあと鉄の手仕事

鉄の彫刻家、吉田正純の手仕事、彫刻や展覧会の紹介、万善寺住職活動など、さまざまな日常を公開します。

東堂さんのこと 

2012/07/20
Fri. 07:40

昨日は、東堂さんの通院検査の結果を聞きに半日ほどつきあってきました。

彫刻展のことやワークショップのことで、このところの数ヶ月は寺への通勤坊主も途絶えがちでした。
おかみさんのちょっとした騒ぎもあったりしたので、気持ちを引き締めて坊主家業に切り替えつつあるところです。

肝心の東堂さんの方はというと、今年の春先あたりから少しずつ元気がなくなって、ゴロゴロと寝ている時間が少しずつ増えて、その関係か、食も少しずつ細くなって、身体が一回り小さくなったような気がしています。
7月の末が東堂さんの誕生日なので、今のうちから何かしてあげようかと思っているところです。

予約の時間に少し早く病院へ到着して順番を待っていると、予定より1時間以上遅れて呼び出しがかかりました。
主治医の先生は、緊急手術が長引いていて、結局、違う先生から検査結果の報告を受けて善後策を検討したところです。

何となく小さくなったなぁと感じていた東堂さんでしたが、案の定、もう2〜3年も停滞していた病気の進行が再開していて、主治医の先生と事前に相談したところ、あとは薬投与の内科治療で乗り切るしかない・・という判断でした。
本人は、どうも薬を飲むのを面倒がってなかなか家族の言うことを聞いてくれないまま、結局今に至っていましたが、もうそろそろ、その我が侭も通用しなくなってきたようです。

これから、しだいに東堂老師夫婦のお世話が本格化してくるでしょう。
在家坊主の座禅修行の変わりになればと、彫刻の制作に集中の毎日がどこまで続けられるか微妙な状況です。

何れにしても、是も定めで避けて通ることは出来ないことだからと自分に言い聞かせつつ、少しショックだったのでしょうか、無口になった東堂さんを寺まで送ったところです。
気晴らしになればと回り道をしてみると、熱帯低気圧に変わった台風の関係でしょうか、日本海の波打ち際一面に漂流のゴミが流れ着いていました。
スカァーっと晴れ渡った日本海を見せたかったのですが、なかなか上手くいかないものです。

IMG_5086.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tetujin29.blog31.fc2.com/tb.php/936-8e958a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-02